大阪大学
HOME 研究紹介 構成員一覧 研究室へのアクセス パブリケーション 報道一覧 local ENGLISH
環境電磁工学領域 > 研究紹介 > 地球環境計測グループ.
地球環境計測グループ.
 地球環境計測グループは次の三分野で研究活動を行っています.
  • 人工衛星による地球環境計測に関する研究
  • 数値予報モデルによる地球環境計測に関する研究
人工衛星による地球環境計測に関する研究

全球を対象とする高時間高分解能な発雷観測ができれば、地球規模で発雷推移を捉えることが可能となる。その結果大気のエネルギー循環の解明や発雷予報精度の向上といった様々な利点が生まれる。 地上からの雷観測のULF/VLF等を用いた様々な手法では、いずれもリアルタイム性があり高い時間分解能を有するが、検知及び位置決定の際に誤差が生じ空間分解能が低い。また、OTDやLISによる衛星からの雷観測においてはその低軌道観測により検知精度等に向上は見られるが、全球同時観測でないため、時間分解能が低くなる。

そこで本研究では、雲赤外画像(IR)データにより雲移動ベクトルを算出し、移動ベクトルに基づいてLISデータ欠損部を補間する。その結果複数の衛星データを統合した高時間高距離分解能を有する全球雷放電マップを作成することを目的とする。

―使用データ―
TRMM 搭載雷観測装置LISデータ
静止軌道衛星搭載IR(赤外放射計)データ
表示期間
2001年12月1日5:00〜8:00(UT)
時間分解能 1時間
距離分解能 0.5°×0.5°


intro_monitoring_path.swf

EMC LAB. サイトご利用にあたって